漫画

呪術廻戦7巻のネタバレ・感想!かつての特級呪霊を前に、伏黒が覚醒!

こんにちは~ ライターのショウマルです!

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の第7巻「起首雷同」の感想ネタバレ記事です。

 

第7巻「起首雷同」 各話の簡易ネタバレ (53話-61話)

53話 「完遂」

戦いを終え、ボロボロになりながらも生き永らえた花御。

離脱途中に真人も合流し、両面宿儺の指や、”呪胎九相図”などの呪物を手に入れた様子。

呪霊によって掻きまわされた高専。

死者も出てしまった中、姉妹校交流会は――?

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

54話 「呪術甲子園」

五条の策略により、なぜか”野球対決”をすることになった両校。

各キャラクターの特徴の現れた野球対決が繰り広げられた今話ですが、30年度の交流会を制したのは――?

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

55話 「起首雷同」

交流会が終わり、通常運転に戻った高専。

東京校の3人は、新たに起こった呪霊による事件を解決すべく、補助監督新田の下、新たな任務地に向かいます。

浦見東中学校なる被害者の母校に到着した一行は、「八十八橋」という場所の存在を知りました。

一方、真人と夏油が”呪胎九相図”を人間に受肉させていて――?

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

56話 「起首雷同ー弐ー」

伏黒の姉である津美紀も八十八橋に肝試しに行ったことがある、という情報を入手した一行。

今すぐ祓うため、焦った伏黒は単身で八十八橋に向かいますが、勘付いていた虎杖・釘崎も現れます。

彼らは無事に呪霊の”未完成の領域”内に侵入。

しかし、そこで呪胎九相図の受肉体も現れて――?

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

57話 「起首雷同ー参ー」

領域内で戦闘を開始した一行でしたが、突如釘崎が領域外に出されてしまいます。

それを追って、同じく領域外に出る呪胎九相図の受肉体と虎杖。

領域外では、別の呪胎九相図の受肉体が登場。一方、無事に呪霊を祓った伏黒でしたが、彼の目の前にはかつて出会った少年院の特級呪霊と同様の呪霊が現れて――

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

58話 「起首雷同ー肆ー」

極めて強力な相手呪霊を前に、成すすべなく意識を失いかける伏黒。

彼は薄まる意識の中、五条との特訓を思い出します。

「本気でやれ もっと欲張れ」という五条のアドバイスの下、伏黒はついに”領域展開”を繰り出して――

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

59話 「起首雷同ー伍ー」

領域展開によって無事特級呪霊を祓った伏黒。

一方、虎杖と釘崎は、依然として呪胎九相図の受肉体と戦っていました。

相手は”蝕爛腐術 極ノ番 「翅王」”なる大技を繰り出して――

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

60話 「起首雷同ー陸ー」

「翅王」による血の羽によって虎杖と釘崎に襲い掛かる壊相。

虎杖は釘崎を抱え、なんとか射程外まで走りぬくことに成功しました。

一方、そこには血塗が先回りしており、彼の攻撃をまともに喰らってしまう虎杖。

釘崎も「翅王」による攻撃を受けてしまい、”蝕爛腐術「朽」”によって窮地に陥った2人は――?

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

61話 「起首雷同ー漆ー」

芻霊呪法「共鳴り」を用いて反撃を試みる釘崎。

虎杖も”宿儺”をその身に宿したことによる「毒への耐性」から、痛みは伴いつつも攻撃に転じます。

虎杖の攻撃ラッシュで瀕死にまで追い込まれてしまった血塗のため、壊相は術式を解除しました。

痛みが晴れたことで、釘崎・虎杖が「黒閃」を成功させ――?

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

第7巻「起首雷同」感想とまとめ

今回の記事、いかがでしたか?

 

特級相当の相手である血塗・壊相を相手に善戦する2人。

釘崎に至っては、恐らく初と思われる黒閃を決めて見せました! また、一方では”領域展開”を習得した伏黒。

まだまだ不細工な見た目の領域ですが、今後彼が成長すると、展開する生得領域も研ぎ澄まされていくのでしょうか。

壊相・血塗との戦闘の結末は――?

 

次巻も目が離せません!

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!

 

 

https://jujutsu-kaisen.net/manga/vol-8-netabare/