漫画

呪術廻戦5巻のネタバレ・感想!激戦!京都姉妹校交流会編!

こんにちは~ ライターのショウマルです!

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の第5巻「京都姉妹校交流会」の感想ネタバレ記事です。

 

第5巻「京都姉妹校交流会」 各話の簡易ネタバレ (35話-43話)

35話 「京都姉妹校交流会ー団体戦②ー」

突如として東堂に「女のタイプ」を聞かれた虎杖は、素直に「尻と身長のデカい女の子」と答えます。

その回答は、東堂のタイプと全く同じ。”存在しない記憶”をみて、虎杖を”親友”と言い出した東堂。

ここで、京都校の面々が集団で虎杖に襲い掛かって……

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

36話 「京都姉妹校交流会ー団体戦③ー」

京都校がまとまった動きを見せていることから、連中の狙いが”虎杖を殺すこと”ではないかと勘繰る伏黒とパンダ。ここで、彼らは元来た道を引き返します。

一方の虎杖は、東堂との戦いを再開していました。

東京校のメンバーも京都校と会敵し、それぞれの戦いが始まって――

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

37話 「京都姉妹校交流会ー団体戦④ー」

東堂との戦闘で、段々と強くなりつつある虎杖。

虎杖を導くかのように戦う東堂によって、虎杖は順調に進化を遂げていました。

一方で、釘崎は西宮、パンダはメカ丸とマッチアップ。激戦が始まります。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

38話 「京都姉妹校交流会ー団体戦⑤ー」

”天与呪縛”によって与えられた広大な術式範囲により、遠方から機体を操るメカ丸の本体。

パンダとメカ丸の戦闘は激戦を極めますが、ややメカ丸が上手の印象。

ここで、パンダが繰り出した奥の手は……?

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

39話 「京都姉妹校交流会ー団体戦⑥ー」

”お兄ちゃん核を開放し、近接戦闘を仕掛けるパンダ。

順調にメカ丸を追い込みますが、メカ丸も持てる知恵と工夫でパンダに攻撃を仕掛けます。

勝負決し、姉妹校交流会初のリタイアとなるのは――?

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

40話 「京都姉妹校交流会ー団体戦⑦ー」

友人にして同級生の禪院真依。その双子の姉である真希と戦う三輪は、彼女に圧倒されてしまっていました。

圧倒的な身体能力の真希に太刀を取られてしまい、事実上の戦闘不能状態に陥ってしまった三輪。

一方、別の場所では釘崎が西宮相手に苦戦していて――

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

41話 「京都姉妹校交流会ー団体戦⑧ー」

狗巻を警戒しつつ、釘崎を相手取る西宮。

術式によって滞空している相手を前に苦戦する釘崎でしたが、芻霊呪法「簪」によって木々を切り倒すことで西宮の高度を落とし、反撃に転じます。

「共鳴り」を用いて西宮を落とした釘崎は、このまま勝利を掴めるのか――?

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

42話 「京都姉妹校交流会ー団体戦⑨ー」

西宮をカバーした真依でしたが、そこに現れたのは彼女の双子の姉・真希でした。

三輪から奪った刀で立ち回る真希を前に、真依は隠していた”術式”を発動。

激しい姉妹対決を制したのは――?

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

43話 「京都姉妹校交流会ー団体戦⑩ー」

屋内で加茂憲紀と戦う伏黒。

加茂の扱う”赤血操術”を前に苦戦を強いられる伏黒ですが、2年の先輩のしごきによって底上げされた近接戦闘で、なんとか立ち回ります。

一方、1人エリア内を歩いていた狗巻は、未知なる相手と会敵していて――?

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

第5巻「京都姉妹校交流会」感想とまとめ

今回の記事、いかがでしたか?

 

激化する京都姉妹校交流会!

各キャラクターはそれぞれの想いを胸に全力で相手と戦っており、見応え十分な1冊です。

一方で、5巻の最後には突如現れた”特級呪霊”の花御の姿が。

暗雲立ち込める京都姉妹校交流会、次巻ではどうなってしまうのでしょうか…!

 

次巻も目が離せません!

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!

 

 

呪術廻戦6巻のネタバレ・感想!VS”特級呪霊”花御、決着!!こんにちは~ ライターのショウマルです! アニメ化や単行本の大量重版など話題沸騰中の呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売...