漫画

【呪術廻戦】漫画78話のネタバレ・感想!夏油の選んだ”本音”とは

こんにちはー! ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など現在話題沸騰中『呪術廻戦』は、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です。

 

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません。

 

本記事はそんな『呪術廻戦』の9巻収録、第78話「玉折ー参ー」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回の振り返りからいってみましょう。

77話「玉折ー弐ー」のあらすじ

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

夏油の前に現れた長身の女性は、特級術師 九十九由基(つくも ゆき)でした。

自身が「原因療法」を行おうとしていることを話した九十九。

 

呪霊とは人間から漏出した呪力が積み重なった存在であり、つまりは

①全人類から呪力をなくす
②全人類に呪力のコントロールを可能にさせる

という2つの方法により、「呪霊の生まれない世界」を作り出すことができるようです。

そんな彼女に対し、「非術師を皆殺しにすればいいじゃないですか」と漏らした夏油。

九十九はその案を「”アリ”だ」と肯定しますが、それを実行するほどイカれてはいない、と続けます。

 

非術師を見下す自身」と「それを否定する自身」との間で揺れていることを語った夏油ですが、九十九はその2つが「思考された可能性」であると述べました。

そして彼女は、その2つのどちらを本音とするか、「君がこれから選択するんだよ」と語ります。

 

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

そして、2007年9月

彼は、自身の”本音”を選択する決定的な事件に遭遇することとなりました。

 

呪詛師」として認定された彼は、処刑対象となって――?

 

呪術廻戦78話「玉折ー参ー」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます。

知らせを聞いて

夜蛾から夏油の件を聞き、目を見開いた五条。

彼は信じられないようであり、「は?」としか返せないようでした。

 

夏油の実家は既にもぬけの殻であり、なんと両親をも その手に掛けた様子。

「んなわけねぇだろ!!」と叫ぶ五条でしたが、夜蛾も頭を抱え、「俺も… 何が何だか分らんのだ」と返しました。

 

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

場面は変わり、新宿の喫煙場所でタバコを吸っていた家入。

「火 いるかい?」と彼女に話しかけたのは、呪詛師認定されたはずの夏油でした。

家入が「何か用?」と問うと、「運試し」だと答える夏油。

 

”一応”と銘打って、「冤罪だったりする?」と問う家入でしたが、夏油はすぐに否定します。重ねて、「なんで?」と問いかける家入。

夏油は短く「術師だけの世界を作るんだ」とだけ答えました。

 

五条と夏油

家入と別れ、一人歩く夏油。

彼の行く先には五条が立っており、「説明しろ 傑」と話しかけました。

 

意味のない殺しはしないんじゃなかったのか、と問い詰める五条に対し、夏油は”意味”どころか「大義ですらある」と答えます。

術師だけの世界を作る”という彼の理想について、「無理に決まってんだろ!!」と五条。

 

しかし夏油は、そんな五条の言葉を「傲慢だな」と一蹴し、「君にならできるだろ」と述べました。

彼の決意は固いようであり、「生き方は決めた」と夏油。後は自分にできることを精一杯やる、と彼は続けます。

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

そんな夏油に対し、実力行使で止めようとした五条。 しかし彼には、黙って夏油を見送ることしかできませんでした――

 

高専にて、「何故追わなかった」と夜蛾が問うと、「それ…聞きます?」と問い返す五条。

夜蛾は察し、すぐに「悪かった」と述べます。

 

ただ”強い”だけでは人を救うことはできないと知った五条。

彼は、自身が救える人物が「他人に救われる準備がある奴だけだ」と語りました。

 

選ばれた本音

孔時雨と繋がった様子の夏油。彼は盤星教本部を拠点として構えるようであり、「呪い」と「金」を集めることが目的のようです。

 

孔によって集められた盤星教支部長や代表役員、会長が揃った場に、袈裟姿で出て行った夏油。

 

彼は「今この瞬間から この団体は私のモノです」と宣いました。

当然”反対多数”という結果に終わりましたが、夏油は適当に人を見繕い、自身の「呪霊操術」を用いて何の躊躇もなく殺害してしまいます

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

「私に従え 猿共」と言い放った夏油。

「猿は嫌い」 ――それが、彼の選んだ本音でした。

 

一方その頃、五条は甚爾の息子 と対面していて――?

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

呪術廻戦78話「玉折ー参ー」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

最強の2人」として親友だったはずの2人でしたが、ついに袂を分かつこととなってしまいました。

非術師を”猿”と蔑み、術師だけの世界を実現するために動き出した夏油。

何か一つ過程が違っていれば、このような結果にならなかったのでしょうか。五条と共に高専で教鞭をとっていた未来も存在したのかと思うと、悔やまれる結果です。

そして、最終ページにて恵と出会った五条は何を語るのでしょうか。

次回も必見です!

 

それでは今回はこの辺りで。

この記事を読んで気になった方は、『呪術廻戦』を読んでみてくださいね♪