漫画

【呪術廻戦】漫画73話のネタバレ・感想!伏黒甚爾vs夏油傑 開戦!

こんにちはー! ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など現在話題沸騰中『呪術廻戦』は、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です。

 

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません。

 

本記事はそんな『呪術廻戦』の9巻収録、第73話「懐玉ー玖ー」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回の振り返りからいってみましょう。

 

72話「懐玉ー捌ー」のあらすじ

特級呪具「天逆鉾」の効果”発動中の術式強制解除”により、致命的な攻撃を受けてしまった五条。

 

甚爾の攻撃に慈悲は一切無く、五条はそのままめった刺しにされ、倒れてしまいました。

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

一方、”天元”の待つ高専の最下層”薨星宮(こうせいぐう)”への参道に到着した夏油、黒井、天内。

 

世話係の黒井が「わたしはここまでです」と頭を下げると、天内は「黒井 大好きだよ」と彼女を抱きしめました。

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

黒井と別れた後、夏油の案内で本殿まで到着した天内。

 

本殿の真ん中には大樹がそびえたっており、その根元は”天元”による「特別な結界」の内側です。

 

結界内には招かれた者しか入ることが許されず、夏油の案内もここまでの様子。

遂に天内の”同化”の時がやってきたかに思われたその時―― 天内には、「引き返す」という選択肢も、夏油によって与えられました。

 

接触前から夏油・五条間で「星漿体が拒めば同化はナシ」と決めていたようであり、夏油は「私達は最強なんだ」と述べ、天内の未来を保障します。

 

それを受け、涙ながらに引き返す方を選択した天内。

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

夏油が伸ばした手を、天内が掴もうという、まさにその時。

 

やってきた甚爾の撃った弾が、天内のこめかみを撃ち抜いて――

 

 

呪術廻戦73話「懐玉ー玖ー」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます。

透明人間のカラクリ

薨星宮と忌庫は、”天元”によって「隠す結界」を施された建物。

そのため入口に見張りを置くことが出来ず、”扉の位置”さえ分かってしまえば、侵入は容易です。

 

また、「天与呪縛」によって呪力がない甚爾は、呪術界において透明人間のような存在。彼が高専の結界内に侵入できたのは、呪力がなかったためでしょう。

 

しかし、五条戦で用いた”天逆鉾”をはじめ、様々な呪具を持ち歩いている甚爾。彼自身には呪力がありませんが、呪具には当然”呪力”が宿っています。

 

なぜ呪具の呪力によって高専の結界で弾かれなかったのか、という疑問が湧きますが、そこにもカラクリがありました。

 

彼は五条戦でも体に巻き付けていたように、「物を格納できる呪霊」を飼っています。

呪具を呪霊に入れ、且つ呪霊の体を呪霊自身に格納させることで、普段は体内に呪霊をしまっている様子。

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

以上の仕組みで、あらゆる呪具を携帯したまま”結界”を素通りすることを可能にしていたようです。

 

 

夏油 vs 甚爾

ぺらぺらと情報を喋る甚爾に対し、「もういい」と言葉を遮る夏油。

 

「天与呪縛」を持つ人間は、呪術師の使う”術式の開示”のように、”情報を開示”することが能力の底上げになるようです。

 

ここで、毛ほども残穢(ざんえ)を残さずにやってきたことから、「何故薨星宮へ続く扉が分かった」と夏油は問います。

 

甚爾は「天与呪縛」によって五感も底上げされている様であり、臭跡足跡によって辿ってきたとのこと。

 

また、道中の黒井にも危害を加えたようであり、そこまで聞いた夏油は「やはりオマエは 死ね」と、手持ち呪霊の”虹龍”をけしかけ、攻撃を始めます。

 

夏油の手持ち呪霊の中で最高硬度を誇る”虹龍”でしたが、甚爾は一撃で相手を両断

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

驚く夏油ですが、彼は攻撃の手を休めません。

 

口裂け女のような呪霊に問いかけられ、”簡易領域”に閉じ込められた甚爾。

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

「わたし きれい?」と呪霊に問いかけられた甚爾は、「質問に答えるまで お互いに不可侵を強制する簡易領域」と直感します。

 

甚爾が「趣味じゃねぇ」と答えると、糸切り鋏を取り出した呪霊。

その時、甚爾の周りに巨大な糸切り鋏が複数現れました。

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

体を切り裂かんとする鋏を前に、甚爾は”天逆鉾”によって術式を強制解除させ、冷静に対処します。

 

決着

口裂け女呪霊の攻撃を退けた甚爾でしたが、いつの間にか間合いの中に夏油の姿が。

 

「天与呪縛」によって圧倒的な力を持つがゆえ、「終わりだな」と勝ちを確信した甚爾。

 

しかし、夏油の狙いは近接戦闘のような手段に出ることではなく、「呪霊操術」による”武器庫呪霊”の強制取り込みにありました。

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

「呪霊操術」は、降伏した呪霊を取り込み、自在に操る術式。

 

しかし、階級換算で2級以上の差があれば、無条件で取り込むことが可能です。武器庫呪霊はせいぜい3級以下の低級呪霊であり、条件を満たしているはず――

 

しかし、なぜか”取り込み”は弾かれてしまいました

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

異常事態に驚く間もなく、甚爾によって”口裂け女呪霊”もろとも斬られてしまった夏油。

 

 

「呪霊操術」使いは死後に取り込んだ呪霊がどうなるかわからないようであり、甚爾は夏油を気絶させました。

こうして、甚爾によって撃破されてしまった”最強の2人”。

 

しかし、死んだかに思われた五条の指が動いて――

(出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社)

 

呪術廻戦73話「懐玉ー玖ー」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

甚爾の圧倒的実力により、夏油までもが撃破されてしまいました。

 

ちなみに今回夏油の”強制取り込み”が弾かれてしまったのは、甚爾と武器庫呪霊との間に”主従関係”が成立していたから。

 

”取り込み”が成功していれば、結果は違ったのかもしれませんね。

例え素手でも甚爾が負ける姿は想像できませんが、彼には呪力がありませんから、素手では呪霊を倒すことができません

 

天内が殺され、今話では夏油も倒されてしまいました。

絶望的な状況ですが、最後の最後で動いた五条の指――

 

ここからの展開も楽しみですね!

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!