漫画

【呪術廻戦】漫画65話のネタバレ・感想!明かされる”最強”の過去!

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の8巻収録、第65話「懐玉」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

64話「そういうこと」のあらすじ

冒頭、冥冥と共に卓球を行っている東堂。

 

彼は冥冥と共に虎杖らを”一級術師”に推薦したばかりであり、自身と虎杖とが共に任務へ立ち向かう「青い未来」を思い描いているようです。

しかし、東堂は肝心なことを失念していました。

 

それは、「被推薦者が同行するのは推薦者以外の術者」だということ。

つまり、東堂が虎杖と任務に立ち向かう「青い未来」は一級査定中は実現しません

(出典:呪術廻戦8巻 芥見下々 集英社)

 

場面は変わり、任務終わりの釘崎に話しかける1人の女性――

 

彼女は虎杖と同じ中学に通っていた小沢優子。

優子は虎杖に対し、そういうことのようです。

(出典:呪術廻戦8巻 芥見下々 集英社)

釘崎は、自身よりも虎杖を知っているであろう伏黒を招集。

 

突如呼び戻されて不機嫌だった伏黒ですが、ことの顛末を聞いて理解します。

(出典:呪術廻戦8巻 芥見下々 集英社)

 

虎杖に彼女の影がないことを確認した釘崎は、ついに虎杖を呼び出すことに。

近くのパから始まるお店にいた虎杖は、すぐにその場にやってきました。

 

中学時代はかなり太っていた優子――

釘崎は、虎杖が優子を認識できないのではないかと危惧しますが、虎杖は「小沢じゃん」と満点の対応。

(出典:呪術廻戦8巻 芥見下々 集英社)

 

かつて体型を理由に同級生から蔑まれることもあった優子。

しかし、”痩せた今の私なら…”という考えが芽生えたことで、自分が”かつて自分を蔑んでいた人物たち”と同じ尺度で生きていたことを自覚します。

 

「またな」と屈託なく笑う虎杖。

優子は、自分から恋を諦めたのでした。

 

呪術廻戦65話「懐玉」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

終わらない廊下

ある屋敷の中、「どこまで続くのよ この廊下」と歌姫。

過去の歌姫・冥冥が共同で任務を行っているようであり、2人は呪霊によって結界に閉じ込められてしまっている様子。

(出典:呪術廻戦8巻 芥見下々 集英社)

 

30分かけて15km移動したようですが、先の見えない廊下――

道中つけてきた”目印”が見当たらないことから、冥冥は閉じ込められた結界が”ループ構造”ではなく”移動に合わせてツギハギしている”のではないかと推測します。

 

ここで、歌姫は”二手に分かれる”ことを提案。

”ツギハギ説”が有力であることから、二手に分かれて不規則に速く大きく動くことで、結界の構成スピードを越えて脱出しよう、という魂胆のようです。

 

しかし、突如としてその必要はなくなりました

 

――屋敷を破壊して助けに来たのは、呪術高専2年の五条悟。

つまりは、今回の「懐玉」編は10年以上前が舞台のようですね。

(出典:呪術廻戦8巻 芥見下々 集英社)

 

最強の2人

冷静さを欠かさない冥冥は、10年前から既に一級術師。また、五条悟をして「強いもん」と言わせるほどの実力を既に持っていたようです。

 

ここで、五条に一言物申そうとした歌姫。――しかし、突如として彼女の背後に呪霊が現れます

が、そんな呪霊を”呪霊に飲み込ませる”ことで歌姫を救ったのは、五条と同じく当時高専2年の夏油傑(げとう すぐる)でした。

(出典:呪術廻戦8巻 芥見下々 集英社)

 

歌姫に突っかかる五条に対し、「弱い者イジメはよくないよ」とナチュラルに煽りながら登場した夏油。

 

(出典:呪術廻戦8巻 芥見下々 集英社)

歌姫が物凄い顔で睨んでいるところ、「歌姫センパ~イ 無事ですか~?」と高専2年 家入がやってきました。

 

歌姫を先輩として扱っているのは家入だけであり、「アンタはあの2人みたいになっちゃ駄目よ!!」と抱きしめる歌姫。

(出典:呪術廻戦8巻 芥見下々 集英社)

 

また、冥冥と歌姫は2日間も連絡が途絶えていたようであり、呪霊の結界によって時間がズレていたようです。

「冥さんがいたのにおかしいと思ったんだ」とここでも冥冥の”強さ”への信頼を滲ませる五条。

ここで、「それはそうと君達」と冥冥。

 

「”帳”は」

 

2人の任務

場面は変わって、高専に帰還した3人の2年生。

 

3人の中に、「”帳”は自分で降ろすから」と補助監督を置き去りにした挙句、結局”帳”を失念していた人物がいるそうです。

”爆発事故”としてメディアに大々的に取り上げられてしまった今回。

犯人は、真っ先に「犯人捜しはやめませんか!?」と口にした五条でした……。

(出典:呪術廻戦8巻 芥見下々 集英社)

 

一時夜蛾が退室したところで、「”帳”ってそこまで必要?」と五条が語り始めます。

 

弱い奴等に気をつかうのは疲れる、という五条に、「呪術は非術師を守るためにある」と語る夏油。

 

「それ正論? 俺正論嫌いなんだよね」と五条が煽りだし、2人は段々険悪な雰囲気に。

一早く危機を察知して逃げ出した家入。一触即発の中、夜蛾が帰還したため席に着いた2人。

 

戻ってきた夜蛾が2人に伝えた”任務”は――

 

星漿体(せいしょうたい)こと”天元様との適合者”だという少女護衛と抹消で――?

 

呪術廻戦65話「懐玉」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

前回とは一転、突如過去編に突入した『呪術廻戦』。

冒頭、歌姫と冥さんの任務の様子が描かれた今話。ちなみに五条らと歌姫の年齢差は3歳ですから、歌姫は高専を卒業して1年目ということになりますね(呪術高専は4年生)。

 

ここで気になるのは、10年前のこの時点で1級術師として完成された強さを持つ冥さんです…… おいくつですか…?

 

さて、そして現れたのは当時高専2年の五条、夏油、家入です。

後の”特級術師”2名の学生時代ですから、自然とテンションも上がりますよね!

”星漿体”なる人物の護衛を務めることになった2人ですが、果たしてこれからどうなるのでしょうか。

次回も必見です!

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!