漫画

【呪術廻戦】漫画59話のネタバレ・感想!激化する戦闘!vs呪胎九相図

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の7巻収録、第59話「起首雷同ー伍ー」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

58話「起首雷同ー肆ー」のあらすじ

かつて敗走する他なかった特級呪霊と、再び対峙した伏黒。

彼は相手の圧倒的な力によって遠のく意識の中、五条による指導を思い出していました。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

虎杖の圧倒的成長により、焦った様子の伏黒。

五条はそんな彼に、「本気の出し方知らないでしょ」と言い放ちます。

伏黒は、”奥の手”を持っていることから、最悪「自分が死ねば解決する」という思考を持ってしまっている様子。

 

しかし、”死んで勝つ”と”死んでも勝つ”は違う、と五条は言います。

 

”本気でやれ もっと欲張れ”

 

相手との実力差により、前述の”奥の手”を繰り出そうとした伏黒。

しかし彼は、以前宿儺の言っていた「宝の持ち腐れだな」という言葉も思い出し、「やめだ」と吹っ切れた表情を見せます。

 

自身の術式の”イメージ”を膨らませ、印を結ぶ伏黒。

そして彼は、ついに呪術の極致に到達します。

 

”領域展開 嵌合暗翳庭”

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

”特級呪霊”相手に、単騎で勝利を収めた伏黒。

彼は呪力と体力を使い果たし、「疲れた」と呟きます。

 

そんな中、虎杖と釘崎は――?

 

呪術廻戦59話「起首雷同ー伍ー」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

伏黒の記憶

伏黒の手には特級呪霊の中にあったと思われる”宿儺の指”が握られていました。

 

「いい それでいい」

と感心した様子の宿儺。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

薄れゆく意識の中、伏黒は過去を思い出します。

浦見東中学で、威張り散らしていた不良を1人で痛めつけた伏黒。

 

そんな彼に、「もう喧嘩しないって言ったよね」と1つ上の姉 伏黒津美紀が詰め寄ります。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

小1の頃に伏黒の父と津美紀の母がくっつき、その後蒸発。

2人は血の繋がった姉弟ではないようです。また、そんな伏黒父の生まれは、なんと”禪院家”

 

伏黒の十種影法術”禪院家相伝の術式”。彼の父にとって”伏黒恵”という子供は、禪院家に対する”最高のカード”だったようです。

 

そんな彼の姉 津美紀は、彼が中3に上がって間もない頃、”呪われた”ようです。

額には謎の印があり、寝たきりになってしまった彼女。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

コンプレックス

ここで、呪胎九相図の受肉体と釘崎は、突然”大きな気配”が現れたことに気が付きます。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

気配の主は、”宿儺の指”

伏黒が呪霊を祓って結界が解けたことで、気配が外に漏れだしたようです。

 

あくまで”お使い”の内容は宿儺の指の回収である呪胎九相図。

彼はなぜか正面を向いたまま、宿儺の指の方へバックステップで向かいます。

 

背中がコンプレックスだという彼。

「警告です 私の背中を見たら殺しますよ」

 

――その時、彼の背後から現れた、虎杖と呪胎九相図の3番。

「あ 釘崎」

「あ 兄者」

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

「見たなぁああ!!?」と叫ぶ彼の背中は、”コンプレックス”となるのもうなずける、かなりグロテスクな見た目をしていました。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

「なんかゴメン」と謝る虎杖と、「わざとじゃなぇんだ!!」と同じく謝る3番。

 

彼は術式を用い、戦闘態勢に入ります。

 

「蝕爛腐術 極ノ番 翅王」

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

コンプレックスである背中から、血の羽のようなものを繰り出した彼。

「バチ 殺 し!!」

 

呪胎九相図の2人との戦いは、ここから激化していきます…!

 

呪術廻戦59話「起首雷同ー伍ー」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

特級呪霊に勝利し、無事”宿儺の指”も回収した伏黒。

彼の姉 津美紀、”呪い”によって寝たきりになっていたんですね…。額には謎の紋章が浮かんでおり、同じような被呪者は彼女以外にも存在するようです。

 

やがて津美紀を呪った呪霊/人物と戦う日が来るのでしょうか。

 

また、一方では、激化していく戦闘。

釘崎と虎杖、呪胎九相図の2人が合流し、2vs2となりました。

彼らはどのような戦闘を見せてくれるのでしょうか。 次回も必見です。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!