漫画

【呪術廻戦】漫画57話のネタバレ・感想!伏黒の前に現る新たな脅威!

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の7巻収録、第57話「起首雷同ー参ー」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

56話「起首雷同ー弐ー」のあらすじ

高専1年の3人が八十八橋の上で待機するも、全く現れない呪霊。

そこには気配どころか残穢すらもないようです。

 

1度仕切り直すため、その場から離れて補助監督の新田と再び合流する3人。ここで、浦見東中での聞き込みの際に出会った伏黒の後輩が、姉を連れてやってきます。

 

その姉は伏黒の元同級生であり、名前は藤沼。

どうやら彼女、中2の時に八十八橋に”肝試し”をしに行っていたようです。そして、なんと伏黒の姉 津美紀も同行していたとのこと。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

想定より被呪者の数が多いことも相まって、焦燥感に駆られる伏黒。

 

彼は虎杖や釘崎に戻るよう指示し、単身で八十八橋に向かってしまいます。

 

しかし、そんな彼の行動を察していた様子の虎杖・釘崎。

2人は伏黒の背後から近づき、彼と合流します。伏黒は声を掛けられるまで2人の接近に気が付かず、相当テンパっていた様子。

 

「せめて頼れよ 友達だろ」と虎杖が言います。

 

かくして、”川を跨いで彼岸に行く”という呪術的に強い意味合いを持つ行動をとることで、相手呪霊の”未完成の領域”への侵入に成功した3人。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

しかし、背後からは”別件”の呪霊が現れて――?

 

呪術廻戦57話「起首雷同ー参ー」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

戦闘開始

場面は虎杖vs 九相図の3番。

相手は血のようなものを吐き、先手を打ってきます。腕を捕まえられますが、相手を蹴ることで難なく拘束から逃れる虎杖。

 

虎杖は冷静に相手の吐いた血を観察し、”毒かな…”と考察。

 

一方の釘崎・伏黒も戦闘を開始していました。

モグラたたきのモグラかのように次々移動する相手呪霊。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

条件が限定されてはいますが、”術式範囲が広い”ため、本体に攻撃能力がない様子であり、反撃はない、と伏黒は予想します。

 

別件×2

伏黒が、今相手をしている呪霊を祓った後の事―― いま虎杖が戦っている呪霊のことを考えていると、突如異空間から現れた”手”。

 

なんと釘崎が、突然領域から引っ張り出されてしまいました

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

付近にいた虎杖も異変に気付いた様子。

九相図の三番は「兄者かぁ??」と述べ、釘崎を追って領域外に出てしまいます。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

ここで伏黒は、そのまま釘崎らを追うよう指示。

 

無理やり領域から出された釘崎の目の前には、なかなかにドギツイ見た目をした人物が立っていました

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

九相図2人のお使い

一方の伏黒は、1人で呪霊と戦います。

攻撃能力は低いながらも、伏黒の裏を取る動きを見せたりと、一定の知能はある様子。

 

が、その動きは単純であり、見切った伏黒は玉犬に攻撃させ、見事呪霊を祓ってみせました。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

 

津美紀の危険が去り、安心する伏黒。

 

――しかし、彼の前に新たな脅威が訪れます。

 

それは、6月に虎杖・伏黒が少年院で出会った”特級呪霊”でした。

(出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社)

また、呪胎九相図に課せられた”お使い”は、宿儺の指の回収――

 

すなわち、伏黒の前に現れた特級呪霊は、少年院の時と同じく、宿儺の指を取り込んでいるようです。

単身で特級と対峙した伏黒―― この窮地を、どのように切り抜けるのでしょうか。。

 

 

呪術廻戦57話「起首雷同ー参ー」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

なんとなんと少年院で戦った呪霊とのリベンジマッチ……!

アツい展開ですが、伏黒単騎のこの状況… 釘崎と虎杖の相手”呪胎九相図の受肉体”も、そう簡単に倒せる相手ではないでしょうから、なかなかに大ピンチに見えます。

 

果たして伏黒は窮地を生き抜くことができるのでしょうか。

成長した伏黒の実力とは…次回も必見です!

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!