漫画

【呪術廻戦】漫画40話のネタバレ・感想! 真希vs三輪 衝撃の決着!

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の5巻収録、第40話「京都姉妹校交流会ー団体戦⑦ー」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

39話「京都姉妹校交流会ー団体戦⑥ー」のあらすじ

通常、人工呪骸の心臓たる”核”は一個ーーしかし、パンダには三つの核があり、メインの核を入れ替えることで体を転換できるようです。

そんなパンダが持つ核は、バランス重視の”パンダ核”、パワー重視の”お兄ちゃん/ゴリラ核”、照れ屋な”お姉ちゃん核”の三つ。

 

ゴリラ核をメインとし、ゴリラモードにコンバートしたパンダは、その力でメカ丸に攻撃を仕掛けます。

”お兄ちゃん”の得意技である”激震掌(ドラミングビート)”により、防御不能の強力な攻撃をメカ丸に見舞うパンダ。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

近接戦闘では明らかに分のあるパンダは、メカ丸との距離を詰めます。

一方のメカ丸は、瓦を粉砕することでパンダの視界を奪い、一瞬で彼の背後へ。そして、呪力の最も濃いーーすなわち”核”のある位置に砲撃を命中させます。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

勝負が決したように思われましたが、なんとパンダは呪力操作によってブラフを張っていた様子。

近距離から繰り出される”激震掌”によってメカ丸機体が戦闘不能となり、パンダの勝利となりました。

 

一方、別の場所では真希が三輪を圧倒していてーー?

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

呪術廻戦40話「京都姉妹校交流会ー団体戦⑦ー」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

真希 vs 三輪

真依に彼女の双子の姉・真希について事前に聞いていた様子の三輪。

「あんなんただの雑魚よ」と真依は返します。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

それを聞いて、三輪は安心していたようです。

 

 

しかし実際に戦ってみると、圧倒的な強さを持っている目の前の相手ーー。

 

”真依の馬鹿!! この人滅茶苦茶強い!!”と三輪。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

真希が扱っている獲物はリーチのある長物であり、日本刀を用いている三輪としては、とにかく間合いを詰めたいところ。

しかし、あまりに速く流麗な真希の動きを前に、三輪は避けるだけで精いっぱいの状況。

 

一時二人の間に距離ができたところで、三輪は”シン・陰流 簡易領域”を繰り出します。

三輪の用いた簡易領域は、「領域内(半径2.21m)に侵入したものを”全自動”反射で迎撃する」というもの。展開時の点から両足が離れた時点で解除されるようです。

 

さらに、彼女が繰り出そうとしている「抜刀」は、正面の敵に特化しており、刀身を呪力で覆うことで鞘の中で加速させるという”シン・陰流 最速の技”です。

ちなみに虎杖は、そんな「抜刀」をかすりもせず避けています(35話にて)。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

さて、そんなシン・陰流の「抜刀」を前に真希はーー

 

今まで使っていた大刀を膝で折ってしまいます

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

長物であるが故のリーチをここで捨てる、という真希の選択に驚く三輪。

そして、なんと次の瞬間、真希は折った大刀を投げつけます。

 

”簡易領域”の効果により、三輪は全自動反射で大刀を払ってみせました。そんな折、続けて飛んできたのは真希の仕込んでいた暗器ーークナイです。

三輪はクナイをも払ってみせますが、次の瞬間には間合いを詰めている真希。

流麗な動きで以って、なんと三輪の刀を取ってしまいます

 

「いい刀持ってんじゃん」

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

”守銭奴” 冥冥と教師陣

そんな三輪vs真希の戦いを、烏の目を通じて見ている教師陣。

烏を操っているのは一級呪術師の冥冥です。

 

真希を「面白い子」と評し、「さっさと2級にでも上げてやればいいのに」と冥冥。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

五条も同じ考えのようですが、禪院家が邪魔をしているようです。

 

「金以外のしがらみは理解できないな」と、冥冥は守銭奴っぷりを見せつけます。

 

烏の視覚を用い、映像として共有することで監視を行っている様子の教師陣。

一方、なぜか虎杖周りの映像がよく切れるようです。

 

「動物は気まぐれだからね」と冥冥。

そんな彼女に「ぶっちゃけ冥さんってどっち側?」と五条は尋ねます。

 

そんな問いに、”金の味方だよ”と彼女は言います。あくまで”金”によって動く様子の冥冥。十中八九、楽巌寺学長による金銭の支払いがあったのでしょう。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

そんな中、動きがあった様子の団体戦。

教師陣の座る観覧席には呪符が貼られており、対となる呪符が目標呪霊にも貼られています。目標の呪霊が祓われると呪符が消滅し、その際に起こる消滅反応によってどちらの校が祓ったかわかる、と言う仕組みのようです。

事前にそれぞれの呪力が登録されているため、東京校が祓えば赤、京都校であれば青く燃える(=消失反応)。

ちなみに呪力のない真希は登録のしようがないため、記録外の消滅反応も

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

今回呪符は赤く燃えており、つまりは東京校の消滅反応です。

ちなみに祓ったのはパンダ。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

釘崎 vs 西宮

場面は変わり、釘崎と西宮。

 

西宮は相変わらず箒に跨ることで空中を移動しており、「降りてこいよクソ魔女!」と釘崎。

相変わらずめちゃくちゃ口が悪いですが、そこが好きです

 

一方の西宮も負けていません。「さっさと捕まえてみろよ 1年」と釘崎を煽り、凄まじい呪力の風で攻撃を行います。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

また、風によって箒を操り、釘崎の顔に攻撃を当てる西宮。かなり器用な術式の使い方です。

「よくも私のご尊顔を」と釘崎。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

呪術師が実力主義なのは男だけであり、女は実力+可愛さーーすなわち”完璧”である必要がある、と西宮は語ります。

「真依ちゃんはそれ以上の”理不尽”と戦ってるの」と続けます。

 

「テメェが面倒くせぇのは分かったよ」と凄む釘崎。

次回、本格的な釘崎vs西宮、開始です。

 

呪術廻戦40話「京都姉妹校交流会ー団体戦⑦ー」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

呪力なしにして、とてつもない強さを持っている真希さん、三輪ちゃんを圧倒!! 太刀取り、というまさか過ぎる決着を迎えた二人。

女子対決だった前半ですが、後半も釘崎vs西宮の女子対決が!

 

比較的どのキャラも好きな私ですが、特に三輪・冥冥・釘崎の3キャラはかなり好きなので、個人的には贅沢な回でした(笑)

どのキャラも今後も見せ場がありますし、冥冥に至っては(かなり後ですが)、めちゃくちゃ強者として活躍するので、ぜひお楽しみに…!

 

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!