漫画

【呪術廻戦】漫画37話のネタバレ・感想! 超親友・虎杖を導く東堂!

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の5巻収録、第37話「京都姉妹校交流会ー団体戦④ー」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

36話「京都姉妹校交流会ー団体戦③ー」のあらすじ

二手に分かれた東京校チーム。

各班の先頭で索敵を担っているパンダ・伏黒は、京都校がまとまって動いていることに気が付きます。

今回の団体戦のルール上、まとまって動くことによるメリットはほとんどありません。

従って、「虎杖を殺すつもりじゃないか」という疑惑が。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

そこで、東京校メンバーは、状況を確認するためにも引き返すことになります。

一方で、団体戦の勝利も狙うため、狗巻は単独で呪霊狩りを続行する様子。

 

蓋を開けてみると、東堂の介入によって京都校による虎杖暗殺は失敗。

戻ってきた東京校チームがそれぞれ京都校に攻撃を仕掛け、東京校vs京都校の直接対決の形になっていきます。

 

そんな中、”逕庭拳”を「悪癖」と断じる東堂。

彼は逕庭拳で満足している限り「オマエは俺に勝てん!」と断言します。

 

「弱いままでいいのか?」と問われ、焚きつけられる虎杖。

どうやら東堂には、虎杖を更なるステージに押し上げるための考えがあるようです。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

呪術廻戦37話「京都姉妹校交流会ー団体戦④ー」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

特級には通じない

なおも続く東堂と虎杖の戦闘。

虎杖は東堂の動きをよく”見て”、東堂葵という人間を食らい、戦いの中で成長している様子。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

流麗な動きで東堂の体勢を崩し、虎杖は彼の空いた顔面に攻撃を仕掛けます。

しかし、加速しきる前の拳に自ら当たりに行くことで、ダメージを最小に抑えた東堂。

 

ここで東堂は、虎杖の腕を掴み、話し始めます。

逕庭拳について東堂は、トリッキーであり、「並みの術師では何が起こったか分からず混乱するだろう」と述べます。

しかし、”特級には通じないぞ”と東堂。虎杖は真人や漏瑚の姿を思い浮かべます。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

「どうする 親友」と問う東堂に、虎杖は「俺の全力にドンピシャで呪力を乗せる」と答えます。

 

全身全霊で

さて、逕庭拳を超える”強さ”への理屈は理解した虎杖。

ここで、東堂はさらにアドバイスを続けます。

 

通常遅れないはずの呪力が、虎杖のスピード・反射神経について来れていないことで起こる逕庭拳。

そんな呪力が遅れる原因について、東堂は「呪力を”流して”いるからだ」とズバリ答えます。

 

「いや…流す速度を上げようって話だろう?」と疑問をぶつける虎杖。

しかし東堂は、答えることを焦らずに話を続けます

 

呪力を”流す”という認識が、多くの術師が意識的に行っている様子。

様々な負の感情によって捻出される呪力は、臍(へそ)を起点に全身に”流す”のがセオリーとのこと。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

しかし、「臍→胸→肩→腕→拳」へと呪力を”流す”という、「体を部位で分ける意識呪力の遅れを生む」ーー東堂はそう語ります。

 

”呪力を流す”という意識はあくまで初歩であり、囚われ過ぎてはいけない、と東堂。

 

そして彼は続けます。

「俺達は腹でモノを考えるか? 頭で怒りを発露できるか?」

 

「俺達は 全身全霊で世界に存在している」

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

ここまで聞いて、「ありがとう東堂」と構える虎杖。

 

「なんとなく 分かった」

ーー東堂も、同じく構えます。

「…もう 言葉はいらないな」

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

重なる二人の手ーー 更なる戦いが始まるようです。

 

”全力で 導く!”

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

東堂の脳内には、虎杖と過ごした青春の日々が流れます(※存在しない記憶)。

登場当初からしばらくは、頭のおかしい脳筋というイメージでしかなかった彼ですが、気が付けば虎杖のいい師にしていい先輩、そして親友(ベストフレンド)に。

 

パンダ vs 究極メカ丸

場面は変わり、鵺の帯電した翼によって木の上に堕とされた西宮。

釘崎・パンダが彼女を見上げます。

 

釘崎は、真依を「真希さんの出涸らし」呼ばわりと、なかなかエグい煽りを行います。

それを聞いて、「はぁ?」と表情が変わる西宮。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

怒った彼女に、さらに煽りを続ける釘崎。メカ丸を”ペッパー君”呼ばわりと、切れ味鋭い口の悪さを見せつけます。

 

ここで、背後からパンダに攻撃がヒット。現れた攻撃の主はメカ丸でした。

しっかりやり取りを聞いていたようであり、「誰がペッパー君だっテ?」とメカ丸。

しかし、突如起き上がったパンダが、ペッパー君ことメカ丸を殴ります。

 

「ま 仲良くやろうぜ呪骸同士」とパンダ。

その一言でキレた様子のメカ丸は、一気に戦闘モードへと移ります。

 

「人形風情が 知った口ヲ…!」

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

呪術廻戦37話「京都姉妹校交流会ー団体戦④ー」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

東堂が虎杖を導く、一種の修行回の様相を呈していた今回。

かなり好きな回だったので、なかなか執筆に熱がこもった気がします。

結論を急がず、ゆっくり説明していく東堂…いいですよね。 そのお陰で、きちんと理解ができた様子の虎杖。彼は一段と強くなったのではないでしょうか。

 

一方、メカ丸vsパンダの人外対決もいよいよ開始。今のところ真依・狗巻以外の全員がそれぞれ姉妹校の相手とマッチアップ。

主目標の呪霊討伐から随分横道に逸れてしまっていますが、ここからどうなっていくのでしょうか。次回も必見です。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!