漫画

【呪術廻戦】漫画36話のネタバレ・感想! 京都校の狙いを前に、東京校は?

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の5巻収録、第36話「京都姉妹校交流会ー団体戦③ー」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

35話「京都姉妹校交流会ー団体戦②ー」のあらすじ

 

「どんな女がタイプだ」

 

東堂の”品定め”を受ける虎杖。そんな彼の答えはーー

「尻と身長のデカい 女の子…かなぁ…」

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

自身と全く同じ”女のタイプ”を持つ相手の出現により、この瞬間、東堂には”存在しない記憶”が溢れ出します。

 

その記憶の中で、虎杖と東堂は同じ学校に通っている様子。

同じく、その学校に通っている設定の「高田ちゃん」に、東堂は告白するようです。

ーーが、結果は見事に玉砕。落ち込む東堂の頭をはたき、「ラーメン奢ってやるよ」と虎杖。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

二人の青春が、”存在しない記憶”の中で描写されました。

 

「どうやら俺達は ”親友”のようだな」

と泣く東堂。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

ぶっちぎりでヤバい男に絡まれてしまった虎杖。

しかし、そんな彼を突如取り囲む京都校の面々。発砲する真依ーー斬りかかる三輪。

攻撃の姿勢を休めようとせず、虎杖に狙いを定める彼らの様子を見て、「コイツら…俺のこと 殺す気じゃねぇ?」と勘付きます。

 

しかし、東堂の介入で退いていった京都校の面々。

虎杖vs東堂の構図が継続されるようです。

 

一方で、退いた京都の面々には東京校のメンバーが襲い掛かります。

 

東京校vs京都校の戦いが、本格的に始まろうとしていました。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

呪術廻戦36話「京都姉妹校交流会ー団体戦③ー」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

違和感

場面は少し戻り、東堂の襲撃によって東京校が二手に分かれた後ーー

 

索敵に長けた伏黒・パンダの二人が、違和感を口にします。

 

”京都校がまとまって動いている”ーー

 

敷地内に放たれた二級呪霊を祓うのがこの団体戦の目標。相手が一級以上の呪霊であればまだしも、二級以下の呪霊を相手にまとまって動く必要は皆無です。

むしろ、こと「団体戦に勝つ」という目標において、それは悪手。

そこで伏黒・パンダの二人は、すぐに京都校の意図に気が付きます。

 

アイツら 虎杖殺すつもりじゃないですか?

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

一方のパンダも、同じ内容の推測を述べた様子。

「何ソレ!! 意味わかんない!!」と騒ぐ釘崎に、「楽巌寺学長の指示なら全然あり得る」とパンダは述べます。

 

悠仁を知らない奴等からすれば 宿儺の器なんて恐怖の対象でしかないんだよ」とパンダ。

確かに”両面宿儺”は呪いの王とまで称される、超特級の危険な呪いーー 東京校の面々は彼の人となりを知っているものの、京都校の面々には虎杖のことを何も知りません。

パンダの言葉を借りると、「呪いを祓うのと感覚的にはそう変わらん」ーーそういうことでしょう。

 

「戻るぞ恵」と、即座に虎杖の方へ引き返す真希。

「仲間が死んだら交流会も勝ち負けもねーだろ」と続けます。

 

パンダ側も、狗巻が呪霊狩りを続け、パンダ・釘崎が戻る様子。

「悠仁は殺させないし団体戦にも勝つぞ」とパンダは述べます。

 

激化する戦闘

場面は現在に戻り、伏黒の式神”鵺(ぬえ)”に堕とされた西宮。

木の上に引っかかった彼女の下には、パンダと釘崎が待ち構えていました。

 

一方、伏黒・真希はそれぞれ加茂・三輪とマッチアップ。

「アンタら虎杖殺すつもりですか?」と問う伏黒に、「その通りだ…と言ったら?」と加茂が返します。

 

虎杖がこの短時間でやられるわけがない」と述べ、伏黒は京都校の”虎杖暗殺失敗”を確信します。

 

そんな中、戦闘を再開した様子の虎杖と東堂。

虎杖は、かなり場慣れした動きで東堂に的確に攻撃を当てます。

耐久力、組み立ての速さ、膂力ーー 虎杖を心の中でべた褒めする東堂。

 

しかし、彼の時間差でぶつかってくる呪力ーーつまり、”逕庭拳”については、「ちっっっがーう!!!」と叫びます。

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

響き渡る東堂の声。

 

そんな声を聞いて、京都組が虎杖を殺し損ねた理由を何となく察する真希

 

真希の目の前には、三輪が。

 

「言い訳にはなりますが私は皆とは違う」と彼女は話します。

しかし、だからと言って”交流会の勝ち”を譲る気はないようです。

 

交流会で活躍した学生は、在学中昇級のチャンスが多く与えられるとのこと。

交流会で活躍することで、三輪は少しでも早く昇級・自立し、お金を稼ぎたい様子。

真希が「なんで?」と問うとーー

 

「貧乏です!! 弟も二人!!」

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

三輪が”良い奴過ぎる”ことで、「真依とうまくやれてるか?」と心配する真希。

そして彼女は「手加減しねぇよ?」と続けます。

 

「問題ないです!! そういうつもりで言ったわけではないので!!」

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

一方、東堂と虎杖は一時休戦し、話していました。

虎杖の”逕庭拳”について、「悪癖だな?」と問う東堂。

 

そして彼は、「ソレ(=逕庭拳)で満足している限り オマエは俺に勝てん!!」と断じます。

 

弱いままでいいのか?」と、虎杖を焚きつける東堂。

 

「よくねぇよ!!」

 

「そうだろう!! 親友(マイベストフレンド)!!」

(出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社)

 

東堂には、なにか虎杖が強くなるための策があるのでしょうか。

 

呪術廻戦36話「京都姉妹校交流会ー団体戦③ー」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

京都校の狙いが虎杖を殺すことじゃないか、と察した際の伏黒の鋭い顔……いいですよね。さすが虎杖の相棒枠。尊いよ、うん。

そして、虎杖の自称親友(ベストフレンド)東堂もいいキャラしてますよね(笑)

まさかの展開で虎杖を親友と言い出すようになってから、随分と彼のイメージが変わった気がします。

 

そしてそして…三輪ちゃんがね……いいんですよね…今回。非常に可愛いんです、彼女。真希も心配している通り、性格が悪……ゴホン!癖の強い真依とうまくやれているのでしょうか。

虎杖vs東堂、伏黒vs加茂、真希vs三輪、釘崎・パンダvs西宮と、続々と始まっていく戦闘。

今後の展開が楽しみですね!

 

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!