漫画

【呪術廻戦】漫画31話のネタバレ・感想! 戦闘が終わり、虎杖は・・・?

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の4巻収録、第31話「タイトル」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

30話「我儘」のあらすじ

真人の領域”自閉円頓裹”に引き込まれ、魂に触れる術式”無為転変”の必中となった七海。

「文字通り掌の上」となった現状ーー

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

彼は思わず「クソッ」と漏らします。

 

そして、七海の過去回想へ。

会社の利益のみを追求する上司の方針に、疑問を抱きつつ昼夜働いていた七海。

ある日彼は、”呪術師”としての力を行使し、パン屋の店員の女性を助けます。

蠅頭(ようとう)を祓った程度、と言えばそれまでですが、その店員は店外にまで走り出て、七海にお礼を叫びました。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

そんな経験を経て、再び呪術師となった七海。

 

そして舞台は現在に戻ります。

呪術師として生きる中で、感謝はもう大勢の人からもらったと語る七海は、「悔いはありません」と清々しい顔つきに。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

そこに助けに現れたのは、虎杖でした。

領域の壁をぶち破り、中に侵入した虎杖。通常は自殺行為でしかない行動ですが、彼の中には”両面宿儺の魂”があります

”無為転変”で宿儺の魂に触れてしまったことで、宿儺から一度警告を受けている真人。

 

不本意とは言え、二度宿儺の魂に触れてしまったことで、真人は彼の逆鱗に触れてしまいます。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

宿儺の攻撃で深手を負った真人。その結果、領域が解除されてしまいーー?

 

呪術廻戦31話「また明日」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

戦いの決着は・・・?

あくまで宿儺が独断で行った攻撃。したがって、七海は勿論の事、虎杖ですらなぜ領域が解除されたかわかっていません。

しかし、相手の状態を見、瞬時に”殺せる”と判断した虎杖。彼は七海よりも早く、真人に向かって走り出します。

 

一方の真人は、”領域展開”によって大量の呪力を消費してしまった様子。

そこで彼は、最後の呪力を振り絞って体を巨大化させます。

自ら的を大きくした真人。虎杖は走ります。そして、”透明な殺意”で以って、真人の身体に攻撃を当ててみせました。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

刹那、何かに勘付いた様子の七海。

 

先ほどの虎杖の攻撃が決まると、真人の身体がはじけ飛びます。手応えのなさに違和感を覚える虎杖。

ふと七海の方を見ると、彼は既に走り出していました。七海の向かう先は側溝。なんと真人は、体を細く小さく変化させることで、下水道から逃げる腹積もりのようです。

 

七海が側溝に向かって強力な攻撃を当てますが、どうやら真人はすでに逃げてしまった様子。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

すぐ猪野に連絡し、「私達も追いましょう」と述べる七海ですがーー

重傷だった虎杖は、ついに倒れてしまいます。アドレナリンによって動くことが出来ていたのでしょうか。戦いの緊張が一時緩んだことによってか、意識が遠のいてしまったようです。

 

戦いが終わって

下水道から逃げおおせた様子の真人。相当なダメージを受けており、消耗しています。

宿儺に対して、「魂の格が違う」と評価する真人。彼は「宿儺さえ復活すれば呪いの時代がくる」と確信します。また同時に、”虎杖悠仁を殺したい”と真人。

因縁の相手となった両者ーー再びまみえる時が来るのでしょうか。

 

 

ーーところ変わって、虎杖と話す七海。

「俺は今日人を殺したよ」と虎杖は言います。

人が死ぬことは仕方ない、として、せめて正しく死んでほしいーーそう思っていた虎杖。

ここで虎杖は、「正しい死って何?」と問います。

 

「そんなこと私にだってわかりませんよ」と七海。

 

そして、虎杖の言う「正しい死に導く」と言う行為は、きっとかなり苦しい行いーー

「私はおすすめしません」と七海は述べますが、「などと言っても君はやるのでしょうね」と続けます。

今回の任務を経て、虎杖の人となりを理解しているようですね。

 

そして彼は、さらに続けます。

「死なない程度にして下さいよ」と。

 

「君を必要とする人がこれから大勢現れる」

「虎杖君はもう 呪術師なんですから」

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

会ったばかりの際、「私もアナタを術師として認めていない」と述べた七海。

今回の任務を通して、彼は虎杖を認めたようです。

 

その言葉を噛み締める虎杖。長い任務が、終わりを迎えました。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

それから

順平の通っていた里桜高校にて、「いじめに関するアンケート」が行われている様子が描写されます。

いじめを見て見ぬふりしていたであろう女子生徒が、意を決してアンケートに記入している様子。

 

場面は変わり、伊藤と2人で面談を行う外村先生。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

どうやら順平は、対外的には「引っ越した」ということになっているようです。

順平の術式によって、動かなくなった伊藤の腕。

 

今回の事件によって、里桜高校はーーそこに通う生徒たちはーー少しでも変わっていくことでしょう。

 

そして七海・虎杖の待つ廊下を進む虎杖。

”正しい死に様なんて分かりゃしない

 ならせめて 分かるまで アイツを殺すまで

  もう俺は負けない”

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

呪術廻戦31話「また明日」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

順平・虎杖・真人の成長が描かれた、今回の”幼魚と逆罰”編。

順平に関しては残念な結末となってしまいましたし、虎杖の精神的なダメージも計り知れません。

しかし、確かに一歩を踏み出した虎杖。五条先生との訓練に加え、今回のハードな任務を生き抜き、虎杖は確かな成長を遂げて見せました。

 

少し気が早いですが、京都姉妹校交流会編での活躍が楽しみですよね。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!