漫画

【呪術廻戦】漫画2話のネタバレ・感想! 虎杖の秘匿死刑が決定!?

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の1巻収録、第2話「秘匿死刑」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

1話「両面宿儺」のあらすじ

オカ研に所属しており、人間離れした身体能力を有している主人公・虎杖悠仁は、ある日 特級呪物”両面宿儺”を拾います。先輩と拾ったものを共有し、中身は先輩が保管することに。

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

そんな虎杖がいつものように祖父のお見舞いに行くと、「オマエは強いから人を助けろ」という遺言を残し、祖父は帰らぬ人となってしまいました。 必要な書類を処理していると、呪術高専伏黒恵なる人物が、特級呪物について虎杖に詰め寄ります。

 

今夜学校で呪物の指を開封する、というオカ研二人の予定を話した虎杖。どうやら相当にまずい状況らしく、二人は学校に向けて走り出します。一方その頃、学校ではピンチが訪れていました。

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

虎杖の助けもあり、なんとか呪いを祓った伏黒でしたが、さらに強力な呪いが襲ってきます。祖父の遺言に従い、人を助けるべく、虎杖は特級呪物”両面宿儺”を飲み込むことで呪力を得、呪いを祓って見せます。

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

しかし、その結果として両面宿儺が受肉してしまい、虎杖悠仁は呪術規定の下、処刑対象となってしまったのでした。

【呪術廻戦】漫画1話のネタバレ・感想! 虎杖悠仁と伏黒恵の出会い!こんにちはー!ライターのショウマルです。 アニメ化や単行本の大量重版など話題沸騰中の呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売...

 

呪術廻戦2話「秘匿死刑」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

決定! 秘匿死刑

虎杖が目を覚ますと、そこは大量のお札が張られた部屋。

目の前には黒い目隠しをした男が座っています。男は問います。

「今の君はどっちなのかな?」

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

どうやら虎杖は完全に虎杖悠仁と人格に戻っている様子。

まだ意識が朦朧としている中、虎杖は「あんた確か……」と記憶を探ります。

 

その男の名前は五条悟(ごじょう さとる)呪術高専の一年担任だと言います。

そこで完全に何があったのかを思い出し、オカ研の先輩と伏黒を心配する虎杖。しかし、立とうにも虎杖は拘束されており、腕を動かすことができません。

 

五条悟は無情な事実を言い放ちます。

 

「君の秘匿死刑が決定した」

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

 

両面宿儺VS五条悟

場面は前話の続きに戻ります。

両面宿儺が受肉したものの、完全に素に戻った様子の虎杖。身体に浮かんでいた禍々しい印もスゥゥ…と消えていきます。

 

しかし、そんな虎杖に対して警戒を解かない伏黒。そこで、どんな状況?と五条悟が現れます。彼は前述のように一年担任……つまり、伏黒の担任に当たる人物です。

 

特級呪物ともなると「上」がうるさいとのこと。観光がてらやってきたのだと言います。

ジョシュ
ジョシュ
そう言えば舞台は仙台だったね

 

五条が「見つかった?」と問うと、何とも言えない顔の伏黒。

ここで虎杖が、「俺それ食べちゃった」とカミングアウトします。

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

 

当時伏黒はかなり大げさに構えていましたが、一方の五条は「ウケる」と軽いノリです。

 

そして五条は、そんな両面宿儺を取り込んだ虎杖に、宿儺と代わるよう言います。

「10秒経ったら戻っておいで」と言う五条。 彼の身を案じて遠慮する虎杖ですが、五条は「僕 最強だから」と言い放ちます。

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

 

戦闘を始める前に、「これ持ってて」と伏黒に袋を渡す五条。中身は喜久福(きくふく)なる先代の名物品。

生徒が死にかけている間に土産を買ってきた五条。伏黒が突っ込みを入れますが、五条は「土産じゃない 僕が帰りの新幹線で食べるんだ」という突っ込みを入れます。

 

そんな軽い会話をこなしていると、いつの間にか虎杖が身体を明け渡した宿儺が、五条の背後から襲い掛かります。

しかし、全く宿儺のもとを見ることなく避けてしまう五条

驚きの表情を浮かべる宿儺ですが、次の瞬間、彼は五条に顔を殴られます。

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

 

ーー怖ろしく速い? 違うな

と、冷静に五条の分析を行う宿儺。

今度は本気を出したのか、地面を激しく抉り取る強力な攻撃を繰り出しました。……しかし、攻撃が当たっているのは五条の周りの地面だけ。抉れた地面は五条に当たることなく浮いており、五条は全くの無傷です。

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

 

ちょうど10秒経つ頃、再び宿儺の意識に打ち勝ち、虎杖の意識が表出。五条の指示通り、戻ってきて見せます

 

そんな虎杖の眉間に指をあて、彼を気絶させた五条。

気絶から目覚めたときに宿儺に身体を奪われていなかったら、彼にはの可能性がある、と五条は語ります。

 

そして五条は、受け持ちの生徒である伏黒に、「彼をどうするべきかな」と問います。

規定にのっとれば虎杖は処刑対象だ、とする伏黒。しかし彼は続けます。

「でも死なせたくありません」

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

 

私情?と再び五条が問うと、「私情です」と伏黒はきっぱり答えました。五条はどうやら規定側ではなく、割と緩い性格の様子。「かわいい生徒の頼みだ 任せなさい」と快諾します。

二つの選択肢

回想が明けて、「ってなわけで改めて 君死刑ね」と軽く言い放つ五条。

読者も思ったことですが、「回想と展開があってねーんだけど」と虎杖は不満げな顔で言い放ちます。

 

しかし、死刑は死刑でも執行猶予がついたようです。腕が4本あった宿儺には、当然指も20本存在します。そんな宿儺の指、どうやら”最強”を自称する五条悟をして破壊できない様子。

どうやら虎杖悠仁が死ぬことで、彼に受肉した両面宿儺も死ぬようです。

そこで、呪術界隈の上層部でしょうか、五条の言う「老人共」は、虎杖悠仁を殺せと騒いでいる様子。

 

そこで、虎杖の延命のため、五条はこう提言したようです。

どうせ殺すなら 全ての宿儺を取り込ませてから殺せばいい

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

 

この提言を上は了承した様子。こうして虎杖には、今すぐ死ぬか、全ての宿儺を見つけ出し 取り込んでから死ぬかという二つの選択肢が与えられました。

 

自分の死に様

場面は変わり、杉沢病院。井口は重症の様子ですが、生きてはいるようです。明日には彼を治すことができる人がやってくるとのこと。

そして虎杖は「行かなきゃならない所あるんだ」と述べ、「バイバイ」と別れを告げます。

 

場所が変わり、五条と話す虎杖。呪いの被害は、規模だけでいえばザラにあるようです。さらに、呪いに遭遇した場合、普通に死ねたら御の字であり、ぐちゃぐちゃでも死体が見つかればまたマシ、というレベルの現場であるとのこと。

 

「オマエは強いから人を助けろ」

 

祖父の言葉を反芻する虎杖。

宿儺が消えれば呪いによって殺される人も減る、という事実を確認し、彼は覚悟を決めたようです。

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

 

宿儺の指をためらわず口に入れる虎杖。今回で20本中2本ーーすなわち1/10を取り込んだこととなりますが、彼には何の異変も現れません。

ここで、虎杖が「千年生まれてこなかった逸材」だと確信した五条。

 

死刑には全く納得していない様子の虎杖ですが、宿儺は全部食べる、という覚悟は決めたようです。祖父の「オマエは大勢に囲まれて死ね」という遺言を思い出し、「自分の死に様はもう決まってんだわ」と言い放ちます。

今日中に荷物をまとめるよう言う五条。

「どっかいくの?」と虎杖が面食らっていると、頭に包帯を巻いた伏黒が登場し、これから虎杖が呪術高専に転入する旨を伝えます。

 

そして、舞台は東京都立呪術高等専門学校へ。

(出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社)

京都のような寺社仏閣が建ち並んでおり、明らかに清水寺や五重塔がモデルとされる建物がありますが、スルーします

 

呪術高専へと転入した虎杖ですが、キャッキャウフフな学園コメディが始まるわけもなく……何より、一年生は虎杖で3人目とのこと。少ない!!

さて、次回はどのような展開が待ち受けているのでしょうか。

 

呪術廻戦2話「秘匿死刑」感想

今回の記事、いかがでしたか?

なんとか即時死刑は免れた虎杖でしたが、結末は死刑と決まってしまっている様子。ここからは宿儺の指を巡った物語が始まるようです。

 

また、五条によると一年生が3人とのことですが、もう一人の一年生と二年生以上の生徒の存在が気になりますね!

 

それでは、最後までご覧いただいてありがとうございました!

【呪術廻戦】漫画3話のネタバレ・感想! 学長面談で虎杖は何を語る?こんにちはー!ライターのショウマルです。 アニメ化や単行本の大量重版など話題沸騰中の呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売...