漫画

【呪術廻戦】漫画29話のネタバレ・感想! 真人の領域展開、発動

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の4巻収録、第29話「タイトル」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

28話「殺してやる」のあらすじ

「ぶっ殺してやる」と腹の底から出た本音をぶつけ、真人に向かっていく虎杖。

しかしその動きは怒りに任せた単調なものではなく、きちんと考えた上で組み立てられた動きでした。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

一方で、自身の魂をいじることで身体の形を変えられる真人は、様々なインスピレーションを体現して見せ、虎杖の傷を増やします。

 

そんな真人を、傷や痛みを恐れずに引っ張り出すことで、自身の土俵に無理やり上げる虎杖。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

近付いて真人に攻撃を仕掛ける虎杖ですが、彼が体から生やした棘を食らってしまい、動きが鈍ってしまいます。

その瞬間、真人は彼の体に触れ、「無為転変」を発動。

 

しかし、虎杖の体には宿儺の魂も存在しています。図らずも”無為転変”によって宿儺の魂に触れてしまった真人。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

なんと怒りの宿儺によって追い返されてしまいます。

 

その一瞬の隙に付け入り、真人に頭突きを繰り出す虎杖。何度も何度も頭突きで彼に攻撃し、さらに蹴りを与えることによって大ダメージを狙った虎杖ですがーー

 

なんといつの間にか背後に回っていた真人。

そんな大ピンチを救ったのは、一級術師・七海健人でした。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

遂に合流した二人。彼らは真人に打ち勝つことができるのかーー?

 

呪術廻戦29話「成長」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

情報共有

「説教は後で」と述べ、現状を報告するよう述べる七海。

虎杖は、悲痛な面持ちで「2人…助けられなかった…」と、順平の母と順平について述べます。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

ボロボロになって尚、第一に他人の事を想う虎杖ーー

七海は「まずは君の体のことを」と聞きなおします。

 

「俺は平気」と虎杖。我々読者は彼がどんな攻撃を食らったのか(当然)知っていますが、あれで「平気」とは…超人です。

 

この期に及んで軽口を叩く真人。そんな折、彼の鼻から虎杖が与えた攻撃による鼻血が流れます。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

当然それを見逃さず、虎杖に真人の流した鼻血について問う七海。「奴の手に触れましたか?」と七海は相手からの攻撃についても問います。「うん」と答える虎杖。

 

ここで七海は、虎杖から聞いた情報を整理し、

①虎杖に真人の術式は効かない

②虎杖を殺せない理由がある(=よって術式を使わない)

と二つの仮説としてまとめます。どちらも好都合、と七海。

そして、いよいよ真人vs虎杖・七海の戦闘が始まります。

 

「ここで確実に祓います」 「応!!」

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

息の合った共闘

ついに戦いの火蓋が切って落とされ、激しい戦闘が始まります。

 

一人が正面、もう一人が真人の死角に回り込むことで、挟み込む形で攻撃を行う二人。

そんな中、真人が呪力を溜め、全身を針に変化させます。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

この溜めを察知し、未然に避ける二人。針となった真人を端から削り倒す二人。

真人本体まで攻撃が届こうとしたところで、真人は小さな子供の姿となり、攻撃を避けます。

 

七海が「奴は形を変える直前」と述べると、「呪力のタメがある」と即答する虎杖。七海は虎杖の答えを受け、「よろしい」と返答します。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

さきほどの「全身を針に変える攻撃」の際の溜めのことですね。

 

二人となったことで、明らかに押され始めた真人。ここで彼は、ストックしてあった小さな人間を体内から吐き出し、”無為転変”で改造人間を生成、虎杖を殺すよう命じます。

 

虎杖のカバーに入る七海を邪魔し、「アイツ人間殺せないだろ」と真人。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

かくして、二人は分断されてしまいます。

 

虎杖が攻撃を仕掛けると、わずかに人語を話す改造人間。攻撃の手を止め、苦悩する虎杖。

 

そんな折、改造人間の一体がーー

 

「お… …がい」

「ころして」

 

ーーその言葉を受け、虎杖は……

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

真人の領域展開

分断に成功して一対一に持ち込んだことで、ついに七海を追い詰めた真人。

「馬鹿な子供(ガキ)」と虎杖を揶揄する真人に、七海は「それは違います」と即座に否定します。

 

「どちらかと言えば バカはあなたです」と七海。

ーーその時、虎杖が校舎から飛び出し、真人に攻撃。七海を救い出します。

再び合流した二人は、やはり息の合った連係で真人を追い詰めます。

「死」のインスピレーションを痛烈に感じ取る真人。

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

ーーそして彼は、ついに呪術の極致へと達します

 

”領域展開”

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

”自閉円頓裹”

(出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社)

 

「今はただ 君に感謝を」

 

ーーと、自身の成長の糧となった七海に、感謝を送る真人。

 

呪術廻戦29話「成長」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

遂に”領域展開”をも会得してしまった真人。

宿儺の魂に触れることはご法度ですから、展開時は虎杖をはじいたようですね。”領域展開”の効果は、簡単に言ってしまえば領域を発動した術者の術式の必中

 

真人の術式は”無為転変”……つまり七海は、絶体絶命の状況に追い込まれてしまいました。

次回はどうなってしまうのでしょうか。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後までご覧いただいてありがとうございました!