漫画

【呪術廻戦】漫画25話のネタバレ・感想!悲劇を経て順平がとった行動とは?

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の3巻収録、第25話「固陋蠢愚」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

24話「幼魚と逆罰-陸-」のあらすじ

順平と映画話に花を咲かせる虎杖。

相当の映画好きであろう順平に、一ヵ月の映画漬けの甲斐があってか、虎杖は難なくついていける様子。

そんな折、買い物帰りの順平母が通りかかり、なんと虎杖は吉野宅で晩御飯を一緒に食べることに。

(出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社)

 

一方、場面は変わり、下水道にて瓦礫の中から這い出た真人。

七海の攻撃によって全身が埋もれてしまったようですが、粉々にされたところで”魂の形”が保てていれば死にはしないようです。

(出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社)

戦いの中でどんどん成長を重ねる真人。

 

一方、彼と激闘を繰り広げた七海もまた、なんとか生きながらえた様子。真人によって与えられた傷こそ残っているものの、致命的なものではないようです。

 

戦った感触や言動によって、相手を子供だと評する七海。彼が呪霊として更なる成長を遂げることを危惧しており、一刻も早く祓わなければ、と考えます。

 

その頃、吉野宅では三人でわいわい食卓を囲んでいました。

(出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社)

 

非常に微笑ましい関係であり、母との仲は良好な様子の順平。

母の存在により、「人を殺す」ということが自分にはできないことだと自覚したようです。

(出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社)

 

しかし、そんな母に襲い来る悲劇により、順平はーー?

 

呪術廻戦25話「固陋蠢愚」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

子供だから

 

(出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社)

順平の母ーー吉野凪は、あれから宿儺の指に引き寄せられた呪霊によって殺害され、腰から下が欠損した状態で見つかった様子ーー…

 

 

場面は変わり、二人で話す虎杖と七海。

 

七海が単身で呪霊の元に乗り込んだことを知ってか、虎杖は「次はちゃんと連れてってくれ」と彼に言います。

しかし、七海はあくまで「駄目です」の一点張り

 

相手は改造されているとは言え「人間」であり、虎杖悠仁はまだ「子供」です。

呪術師をしている限りいつか人を殺さなければならない時が来る、と七海は言いますが、「でもそれは今ではない」と続けます。

 

子供であるということは決して罪ではない」と虎杖を慮る七海。

(出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社)

 

そして彼は虎杖に、「吉野順平の監視」を指示します。

ジョシュ
ジョシュ
ちなみにこの時点で、虎杖はまだ順平母の身に起こった悲劇を知りません

 

喪服を着て一人向かうは・・・

順平母が亡くなった際、彼のもとを訪れていた真人。

真人は宿儺の指について、「呪いを呼び寄せる呪物なんだ」と話します。

 

「なんでそんなものが家に……!」と、当然の疑問をぶつける順平。

 

人を呪うことで金を稼ぐ呪詛師が多いことに触れ、「金と暇を持て余した薄暗い人間」に心当たりがないか、と問う真人。

特級呪物「宿儺の指」は、あまりに危険度の高い呪物。そこそこの金で流通するはずがありませんが、そんなことは知る由もない順平は、見事に同じ学校の生徒の仕業だと判断してしまいます。

 

次の日、黒い服を着て学校へ向かう順平。その瞳に光はありません。

(出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社)

 

学校では、体育館に全校生徒が集まっており、表彰式が執り行われている最中でした。

他人に書かせた読書感想文で最優秀賞を受賞し、表彰される伊藤翔太なる人物。

他の生徒によると「ボンボン」のようで、見事に「金と暇を持て余した薄暗い人間」です。

 

そんな表彰式の最中、真人によって帳(とばり)が降ろされます。

(出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社)

帳とは結界。今回真人が帳に付与したのは、「内からは出られず、外からは入れる」というもののようです。

夏油も学校までは同行したようですが、残穢を残さないため、帳は真人に降ろさせたようです。

そんな彼らの狙いは、順平と虎杖をぶつけ、虎杖悠仁に「宿儺優位の”縛り”を科す」ことにありました。

夏油はここで帰るようですが、真人は高みの見物を決め込むようです。

 

呪詛師 順平

体育館に入り、何らかの術式で全生徒を眠らせた順平。

表彰されていた伊藤翔太と、担任の外村のみ意識があり、普通に立っています。

「”アレ”を家に置いたの オマエか?」と聞く順平。

(出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社)

「? 何の話ーー」

と聞き返そうとした伊藤ですが、順平の何らかの術式によって、伊藤の腕に毒のような模様が浮かび上がります

 

そして、伊藤を一方的に殴る順平。

 

ーー伊藤が虫の息となったその時でした。

体育館の扉が勢いよく開き、虎杖が登場します。

 

「何してんだよ!! 順平!!!」

「引っ込んでろよ 呪術師」

(出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社)

 

呪術廻戦25話「固陋蠢愚」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

事情を知っているこっちとしては、順平に同情してしまう部分はありますよね。

 

しかし、虎杖はまだ順平の身に何が起こったのかを知りませんから、さぞ驚いていることでしょう。順平の凶行をとめることはできるのでしょうか。そして、そんな順平をそそのかし高みの見物を決め込んでいる真人。彼との再戦は行われるのでしょうか。

 

次回、出会って絆を深めてから一夜にして袂を分かってしまった、悲しい二人の戦いが描かれます。

あまりに悲しい物語。その終着点はーー?

 

それでは、最後までご覧いただいてありがとうございました!