漫画

【呪術廻戦】漫画15話のネタバレ・感想! 呪術戦の頂点・領域展開発動!

こんにちはー!ライターのショウマルです。

 

アニメ化単行本の大量重版など話題沸騰中呪術廻戦。 鬼滅の刃に続き、単行本の売れ行きは右肩上がりの、週刊少年ジャンプが誇る大人気作品です!

ややダークな世界観と、個性と魅力に溢れるキャラクター達の織り成すストーリーは、読者のページをめくる手を休ませません!

 

本記事はそんな呪術廻戦の2巻収録、第15話「展開」の感想ネタバレ記事です。

 

まずは前回のあらすじ。振り返りからいってみましょう!

14話「急襲」のあらすじ

五条悟を殺すべく、人気のない山奥で急襲を行った漏瑚。

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

火礫虫なる二段構えの器用な技や、至近距離での攻撃を行う漏瑚でしたが、五条との間に存在する「無限」によって、漏瑚の攻撃は一切当たりません。

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

 

漏瑚の攻撃に対し、無限を用いた防御のみで特に攻撃を仕掛けていなかった五条。大方相手の手の内が読めたのか、今度はとんでもないスピードと威力で攻撃に転じます

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

 

純粋な術式の能力差で圧倒される漏瑚。彼も特級呪霊であり、その中でもかなり上位であろう実力を持っていますが、五条悟はそれ以上に「強過ぎる」ようです。

 

そんな五条は、漏瑚を吹き飛ばした一瞬のうちに、「見学」と称して虎杖を連れてきます。

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

まだ秘策を残している様子の漏瑚。彼らの戦いの結末はーー?

 

呪術廻戦15話「展開」のネタバレ

それでは、ここからは今話の内容に入っていきます!

課外授業

漏瑚を吹き飛ばした一瞬のうち、「無限」による能力なのか、虎杖を修行させている部屋に飛んだ五条。

 

呪骸と共に映画鑑賞を行う、という訓練を行っていた虎杖ですが非常に飲み込みが早く、呪骸はすやすや眠っています

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

 

ジョシュ
ジョシュ
虎杖は一定の呪力を流していないと殴り掛かってくる呪骸と映画鑑賞してたんだよね

 

五条が突然話しかけても、起きない呪骸。呪力のコントロールに慣れてきているのでしょう。

 

ここで五条は、「出かけるよ」と声を掛けます。どうやら呪術戦の頂点たる”領域展開”を虎杖に教えたい様子。

ジョシュ
ジョシュ
領域展開……宿儺も使ってたやつだよね

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

 

そんな経緯で、漏瑚の前に戻ってきた五条。

 

領域展開

目の前に現れた「宿儺の器」である虎杖悠仁に対し、警戒の色を隠せない様子の漏瑚。

呪霊側の狙いの一つが「両面宿儺/虎杖悠仁を仲間に引き込む」というものであるため、目的がバレているのではないか、と勘繰る漏瑚。

「盾か?」と問いますが、五条は否定します。

 

「自ら足手纏いを連れてくるとは 愚かだな」

 

と述べる漏瑚。

しかし、五条は軽く笑いながら、

「大丈夫でしょ だって君弱いもん」と発言。

 

そんな五条の言葉に、当然漏瑚はキレます。頭や耳から火を噴き出して怒れる漏瑚。

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

そのとんでもない圧を前に慄く虎杖ですが、「大丈夫」と五条は述べます。

 

怒りのまま、漏瑚は「領域展開」を行います。

 

”蓋棺鉄囲山(がいかんてっちせん)”

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

岩肌に囲まれたマグマ溜まりの様相を呈した「領域」です。

五条曰く、領域展開とは「術式を付与した生得領域を呪力で周囲に構築する」こと。

かなり呪力を消費するようですが、環境要因によるステータス上昇や、領域内で発動された術式の必中など、強力なメリットがあるようです。

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

無敵かに思われた五条悟の「無限」を作り出す術式ですが、領域内であれば当たるようです。

このまま領域の必中効果によって押し切ろうとする漏瑚。

しかしーー……

 

決着!

虎杖と共に漏瑚の領域”蓋棺鉄囲山”に引き込まれた五条でしたが、そんな彼が行ったのは、「領域の上書き」でした。

目隠しを外し、印を結ぶ五条。彼は唱えますーー

ーー”領域展開”

 

”無量空処(むりょうくうしょ)”

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

宇宙空間のような演出と共に、五条の領域に取り込まれた漏瑚。

五条の領域は、相手を「無下限の内側」に引き込むようであり、知覚や伝達に始まる「生きる」という行為に無限回の作業を強制する空間であるようです。

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

 

そんな怖ろしい領域の効果によって動けなくなった漏瑚は、五条に首をもぎ取られてしまいます。

首だけとなった彼を足蹴にし、誰の指示か聞く五条。

(出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社)

 

ーーしかしその近くには、夏油と仲間の呪霊の姿がありました。

 

呪術廻戦15話「展開」感想

今回の記事、いかがでしたか?

 

漏瑚の隠し玉”領域展開”がお披露目となった回でしたが、残念ながら五条先生によって領域は上書きされてしまいます…。

 

漏瑚も多分…いえ、絶対めちゃくちゃ強い呪霊なのですが、あまりに五条先生が強過ぎるため、漏瑚の強さが霞みに霞みまくってますよね(笑)

 

「五条悟を殺す!」と息巻いて、単騎で急襲を仕掛けた漏瑚も漏瑚ですが、ちょっと可哀そうではあります。

そんな漏瑚、ここで五条先生によって祓われてしまうのでしょうか。次回も必見です。

 

それでは、最後までご覧いただいてありがとうございました!